biz_forest1

茶業者、食品メーカー、飲食店など自社のリトルブランド開発や企業間コラボ、
地域マッチングなどに積極的に取り組む企業と、
自治体、支援者、銀行、信用金庫、専門家などが伴走型発達支援連携について
闊達に情報交換や意見交換し、
ビズフォレストの実現に取り組むパートナーの会です。

biz_forest2

kaiin1-1

推進協議会会長
望月聖司
静岡県富士市出身
○有限会社ヴイ・ダブリュ・ストーク 代表取締役
○アートディレクター ○ブランディングプロデューサー
1978年より東京で広告デザイナーを経て、1988年V.W.STORKを設立。広告代理店とカルビーのキャンペーンやイトーヨーカドーなどのPB開発、リクルート社と小糸製作所やジャトコなど静岡県内の企業の会社、入社案内などの多くの制作に関わりブランディングを実践的に学ぶ。約1000社、1万人のビジネスマンと関わり、約20年1億2000万円の投資をし中小企業のための基本戦略「Businessing」を開発。現在は、そのノウハウを基にプロデューサーとして食品企業の支援プロジェクトを行っている。
おいしい話。ブログ

biz_forest3

kaiin2

推進協議会会員
伊藤美貴
山形県生まれ・岩手県育ち
○PRプロデューサー ○クリエイティブディレクター ○コピーライター
東海大学文学部史学科日本史課程卒業。代官山の貿易商社で貿易事務を2年間経験。その後、(株)リクルートへ転職し新卒採用事業部でディレクターを経験。あらゆる業種業態の企業で、新入社員から経営者まで幅広く人材を取材する中、ビジネスのしくみや企業価値、そこで働く人の生きがいややりがいなどを学ぶ。この時、リクルート社内のディレクターへ企画指導を行っていた望月聖司と出会い師事し、社内コンテストで数々の賞を受賞。人材採用以外のもっと広いクリエイティブに関わりたいと、10年間の勤務を経てV.W.STORKへ転職。望月が提唱するHI理論やバランス経営メソッドビジネシング開発に携わり、現在に至る。歴史好き、そしてこよなく猫を愛している。

biz_forest3

麻美写真

推進協議会会員
石司麻美
静岡県静岡市出身
○味覚音感マエストロ ○ちゃらいふマイスター
○日本茶インストラクター ○中国茶初級茶藝師 ○だしソムリエ1級

洋食カフェを運営する両親の影響で、何でも味わって食べる習慣が身に着く。静岡高校を卒業後、ワーキングホリデービザを取得し、オーストラリアへ。初めて一人暮らしをして日本食の繊細さを実感。帰国後、静岡市内大手ホテルの中国レストランに勤務。中国茶を担当したことでお茶の魅力に目ざめ、勉強を開始し中国浙江省で中国茶初級茶芸師の資格を取得。その後、ホテルを退職し、本格的に日本茶の勉強を始め日本茶インストラクターを取得。お茶カフェや製茶問屋で知識と技術を磨き、望月聖司が提唱する新感覚水出し緑茶「CHALIFE」を知り、緑茶の大きな可能性を感じて共に開発。味わいを表現する「味覚音感」を確立し、食品メーカーの製品開発などを指導すると共に、CHALIFEとちゃらいふ緑茶の普及に励んでいる。
麻美の茶畑日記

biz_forest3

推進協議会会員
真味屋恵美
○ジビエプロバイダー
以前は医療関係コンピュータのインテグレータ。伊豆の国有林で木を守る仕事をしている友人を手伝うことになり、害獣駆除した鹿肉の活用法を考えて伊豆市へ投げかけるなどの活動がキッカケで鹿肉に携わるように。生命を預かる仕事だからと、自ら解体技術をハンターや精肉店から学ぶ。教えてくれたのがとても丁寧な仕事をする人で、肉の一片に血の塊がついていたら、出たのは皮の外か中かまで見極める。肉を切ればそのまま刺身になるぐらい、丁寧なさばき方を細かく教わった。徹底的に仕込まれたおかげで、通常は2割ぐらいしか食用にできない鹿肉を7割まで活用できる技術を身につけ、その腕は一流シェフたちから高い評価を得ている。「山で元気に飛び跳ねていた姿を思うとムダにできない。いただいた生命を大事に余すことなくきっちり活用する」がモットー。ジビエ精肉ブランド「MOMIJI-BOTAN」を立ち上げ、おいしくヘルシーなジビエを多くの人に知ってほしいと普及活動に取り組んでいる。

biz_forest3

推進協議会会員
服部芙志乃
静岡県焼津市出身
○(株)はの字食品 取締役
立命館大学を卒業後、日本水産(株)へ就職。在職中に祖父が亡くなり「皆が元気なうちに家族と仕事がしたい」と3年目でUターン。はの字食品は1920年創業の練り物メーカーで、父親である現社長が3代目。両親からは「大変な仕事だから後は継がなくていい」と言われていたが、祖父母や両親の仕事ぶりを見て育ち「作れば誰かが喜んでくれて、人の食生活の側にいる仕事」がカッコイイと思っていたため迷わず後継者に。「常に新しい、人をビックリさせることをやらなきゃだめだよ」と言う父親の影響で、自分も率先して新商品開発に取り組むように。2015年度ネオ焼津プロジェクトに参加。プロデューサーである望月の「売らなくていい、万人向けにしなくていい」という言葉に目からウロコ。売れるものに囚われず、思い切ってやってみていいんだと勇気を得た。おもしろいと思ったら、自分たちで作って売れるのがメーカーの醍醐味。社員がやりたいことをできる会社でありたい。そして、「焼津市と言えば、はの字食品」という存在になり、100年近くお世話になってきた焼津市に恩返しできる会社でありたい。

biz_forest3

推進協議会会員
森本博之
静岡県藤枝市出身
○ウェブデザイナー ○システムエンジニア
プログラマーとしての原点は子供の頃に遊んだレゴブロック。組み立てることが好きで、まだパソコンが普及していなかった小学生時代の卒業文集に「将来の夢はコンピュータ屋」と書いていた。コンピュータの専門学校を卒業後、ソフトウェア会社に就職。初期の電子カルテ開発などに携わるも、閉鎖的な社風に抵抗を感じ2年で転職。現ソフトウェア会社で、住民基本台帳をデータベースにした自治体のシステム開発などを20年手掛けている。開発言語や機能のパーツを使って組み立てていくのがブロックと同じ感覚。ムチャぶりかと思うような要望も、目標に辿りつくにはどうしたらいいか?を考えて構築するのが楽しい。日々更新されていく業界だが、新しいことをやってみたい派なので学ぶことは苦にならない。どんどん吸収して自分のブロックのストックにしたい。今興味あるのはAIやAR。一方で、技術は前面に出し過ぎないという考え方。そうしないと「自動ブレーキというから、勝手に止まると思った」のような誤解を招く。「技術は隠れている方がカッコイイ」そんな想いを胸に、日々探究を続けている。

biz_forest3

推進協議会会員
小泉純也
静岡県藤枝市出身
○ちゃらいふ向上研究会 顧問 ○ちゃらいふマイスター
○茶審査技術10段位 ○日本茶インストラクター
○日本茶鑑定士 ○(株)松田商店真茶園茶町本店店長
家の近所にお茶畑があったり、親戚の茶畑で茶摘みを手伝うなど小さい頃からお茶に触れて育ち、自然とお茶に愛着を持つように。高校の選択授業でお茶を選び、荒茶までの製法などを学んだ。卒業後、200年続く製茶問屋(株)松田商店へ入社。最初の3~4年の工場勤務で焙煎から仕上げまでの一通りを学び、その後、営業と商品開発を担当。入社して3年目の平成10年に初めて、茶葉の品種、生産茶期、生産地を当てる全国茶審査技術競技会へ出場。全国大会へ進出して10位になり、いきなり6段を取得。平成18年には全国大会2位、平成24年には最高段位である10段を取得。この有段者は、今でも全国で13人しかいない。また、平成12年には、23才の最年少で日本茶インストラクターを取得、全国に37人いる日本茶鑑定士の一人でもある。平成19年頃に伴支連の望月と出会い、「食事をおいしくする緑茶」を目指し、新しいブレンド緑茶の開発に着手。10年を経て水出し緑茶に辿り着き、共にCHALIFEの
ちゃらいふ緑茶を完成させた。現在も、誰もが簡単においしく飲める緑茶を探究している。