タイトル

三島ネオプロジェクト

三島ネオプロジェクトから、新たなリトルブランドが6つ生まれました。
伴支連は、三島の新ブランドを人と企業と地域につなげます。

2016/11/17
三島ネオプロジェクト
11月個別相談②/誰に、どう使ってもらうか?

【Poco a Pocoさん】

前回の企業訪問で、実はさまざまな事業を
展開していたことが分かったPoco a Pocoさん。

Poco a Pocoというお店とそれを運営する会社の中に
「三島野菜Sweet」というひとつの事業があると考え、
固有化した名前の事業名で整理していくことが大事。

中味のジャムは製品、外のパッケージが商品で、
中味は同じジャムでも、ターゲットが違えば
パッケージが変わる。
お土産用の商品と百貨店用の商品では
パッケージが違ってくる。

でもその時に、共通して
「「三島野菜Sweet ○○○○」
というブランド名が入っていれば、
商品の数だけブランド名が記憶される
という話をさせていただきました。

そして、三島の新しいお土産物となる
三島野菜とリキュールを使ったジャムや焼き菓子など
上質なスイーツブランドを展開することになりました。


ブロッコリー、新しょうがなどのジャムを試食

【箱根物産さん】

非日常品としての
ブランド漬物開発に取り組むことになった箱根物産さん。

「以前、プチトマトやコリンキーかぼちゃの
漬物を作ったが、あまり評判が良くなかった」というので、
新しいものを出す時は、最初にスーパーで売ってはいけない。
スーパーで買うのは日常品。
見たことのない新しいものは買ってもらいにくい。

新しいものを売る際は、首都圏のデパートの催事など
非日常を買う場所で売るか、詳しく食べ方提案などをして
ネットで売るべきとアドバイス。

プレゼントや特別な日に使うものが非日常品。
オードブルで食べてもらったり、
ステキなタルティーヌと一緒に食べてもらうものにしたい。

首都圏デパートの高級食品やキラキラスイーツの中に
並んでもおかしくないパッケージと中味で
「革新の漬物ブランド 洋食をおいしくする漬物」
を目指します。


洋食をおいしくする漬物とは?を調査

2016/11/16
三島ネオプロジェクト
11月個別相談/①ブランドコンセプトについて

【SAWASさん】

週末だけの営業でもっと効率よく売り上げを伸ばすには、
手作りパンだけでは限界がある。

パン+αで買ってもらえるものを仕入れ、
顧客単価の向上を図ることが必要。
その場合、大事なのが「何屋か」ということ。

「米粉パン工房SAWAS」だけだと意味が狭すぎるため、
パン以外にも売れる商品を揃え
「こだわり食工房SAWAS」
とした方がいいのでは?とアドバイス。

米粉パンは、食パンやクロワッサンで
特徴的なものを数種類と、菓子パン、調理パン、
SAWASオリジナルパンなどのラインナップを揃える。

さらに、パンと一緒に買ってもらうジャム、
フルーツソース、SAWASさんのパンをおいしくする
オリジナル緑茶などの品揃えを検討する、などを話しました。


顧客単価の向上について検討

【明治食品工業さん】

もっと若い人にも親しんでもらえる新しいようかんを
開発したいという明治食品工業さん。

先日の企業訪問で、
3フレーバーでアイスキャンディーのように
持って食べられるスティクタイプのようかんはどうか?
と提案したところ、さっそく試作品を作ってくれました。


ぶどう、柚子、ニューサマーオレンジのようかん

層のつなぎ方、塊りの切り方、
熱いようかん液を入れても溶けない型、充填の仕方など、
課題はありますが、何なら作れるか?ではなく、
どんなようかんなら売れるか?を
中心に考えましょうとアドバイス。

従来のようかんは今の時代には甘すぎるため、
もっと甘さ控えめで、ペパーミント味、ソーダ味、
フラペチーノ味など「ようかんなのに!?」という
新しい味を目指すことなどを話し合い、
ブランド名をようかんを肯定する意味を込めて
「Yes YOUCAN」に決めました。


スティックようかん「Yes YOUCAN」に挑みます

2016/10/20
三島ネオプロジェクト
企業訪問②/足を運び企業の特徴を理解

【Poco a Pocoさん】

Poco a Pocoさんは、
手作りケーキ教室の傍らで作っていたジャムが好評で、
特に野菜を使ったジャムの評判がいい。

ネッと販売を始めたが、あまり手をかけられず、
価格が高いため地元のマルシェではあまり売れない。
高所得者層が買い物をする首都圏の百貨店などに
置いてもらえるような商品開発をしたい、という要望。


母娘でご参加のPoco a Pocoさん

現在のPoco a Pocoさんは、
①リアルショップ
②ネットショップ
③ブランドメーカー
④OEMメーカー
⑤お菓子教室
という5つのビジネスをやっていて、
すべてターゲットが違うことなどをアドバイス。

まずはブランドメーカーとして
「三島野菜スイーツ」事業のブランド化に
取り組むことになりました。


人気の野菜とリキュールを使ったジャム

【箱根物産さん】

箱根物産さんは、箱根西麓野菜を使った漬物メーカー。
ほとんどが業務用で「箱根大根の漬物」などの
製品名で販売してきたため、
創業85年にも関わらずブ自社ランドが確立していない。

自社商品をカテゴライズするブランドを確立したいと、
次期経営者である息子さんが参加されました。


若き後継者が新ブランド開発に取り組む箱根物産さん

まずインパクトある「客寄せ商品」でブランドを記憶させ、
従来の漬物である「受皿商品」へつなげて
相乗効果を上げる戦略が大事とアドバイス。

これまでとは違う革新の漬物ブランド開発に
取り組みます。


広大な自社の畑で三島西麓野菜を育てています

2016/10/19
三島ネオプロジェクト
企業訪問①/自社ブランド開発に挑戦

企業さんの現状や課題、今後の事業展開について
理解を深め、情報共有するための企業訪問を実施。
1日目はSAWASさんと明治食品工業さんです。

【SAWASさん】

脱サラして別荘地に米粉パン工房を開店したSAWASさん。
週末だけの営業で営業日は午前中に売り切れるが、
作る数が限られているため売上を伸ばせない。

もっと効率よく利益の出るビジネスにしたいという相談。
パン作りのプロではなく、
パンビジネスのプロになるべきとアドバイス。
立地と環境を活かしたSHOP商品の開発と
そのブランド化に取り組みます。


米粉パン工房を開業したSAWASさん

【明治食品工業さん】

明治食品工業さんは創業60年のようかんメーカー。
ほとんど業務用だったが、既存客が高齢化しているため、
若い世代にも親しんでもらえる商品を開発して
自社ブランドとして販売したいとのこと。

明治食品工業さんくらいの規模になると、
既存の製造ラインを活かして作れるものと考えがちだが、
それだと従来と同じことしかできない場合が多い。

最初は手作りでいいから、
これまでとは違う商品開発にチャレンジすることが大事
などという話をさせていただき、
革新のようかん開発を目指すことになりました。


新しいようかん開発に挑む明治食品工業さん

2016/10/6
三島ネオプロジェクト
審査会/パン、洋菓子、和菓子、漬物製造の4社に決定

三島NEOプロジェクトに参加希望の事業者さんによる
プレゼンテーションと審査会。

事業説明と質疑応答を含めて持ち時間10分の中、
皆さん取り組みたいことを熱心に語ってくださいました。

審査基準は独創性、顧客ニーズや販路の具体性、
実現の手法やスケジュール性、課題の明確化、
モデル事例性、経営者の熱意など。

商工会議所の職員とプロデューサーの望月と
合計7名の厳選な審査により
・SAWASさん/米粉パン工房
・Poco a Pocoさん/手作りジャム・焼き菓子製造販売
・明治食品工業(株)さん/和菓子製造販売
・箱根物産(株)/漬物製造販売
の4社が決定しました。

三島NEOプロジェクトは、集合研修は行わず
全て個別相談のみ。2月までの期間で、
個別で新商品とブランド開発に取り組みます。

2016/8/27
三島ネオプロジェクト
Mステ 第2回三島NEOプロジェクト始動

三島商工会議所のMステが行う
商品開発トータル支援
「三島NEOプロジェクト」が今年も始まり、
8/25「ブランディングセミナー」を開催しました。

ご出席者の中から希望者を募って
来年2月まで個別支援を行う当プロジェクト。
今年はどんな事業者さんとの出会いがあるか
楽しみです。