タイトル

ネオ焼津プロジェクト

ネオ焼津プロジェクトから、新たにサプライズフード産業が生まれました。
伴支連は、この産業で人と企業と地域をつなげます。

2017/12/7
ネオ焼津プロジェクト第6回2017年度
12月全体会/フェア出展セミナー

来月から始まるフェア出展に臨んで、
本日はフェア出展セミナー。

❶準備…顧客イメージ、実践フロー、ブース設計、
販促ツール、実演方法、ロープレ、事前告知
❷実践…声かけ、商談、会場調査、競合調査
❸検証…名刺の整理、見直し改善、その後の展開
などについてお話しました。

食品メーカーさんでも、
意外と出展経験が少なかったりします。
ましてFOODEXの様な巨大イベントはなおさら。
「こんなブースは良くない」事例に
笑い声が起きたりしながら、
皆さん熱心に聞き入っていました。


メモを取りながら真剣に話を聞く岩清さん

その後は、前回の試食会を受けての
見直し改善をした試食とディスプレイの確認です。


洋風さば商品に合わせパンやワインを飾った岩清さんのディスプレイ

岩清さんには、
テーブルクロスに柄があると目が散るため
紺にするかテーブルセンターを敷く、
お皿に盛るイメージができるよう盛り付けする、
などをアドバイス。


はの字食品さんの「煮こごりジュレ」ディスプレイ

はの字食品さんには、
プレーン、柚子、マスタードの
3種類の商品に合わせてスタンドも3つ用意し、
それぞれパッケージと同じ
赤、黄色、茶色と分けて並べる、
説明カードもパッケージと色を合わせる、
などをアドバイス。


焼津冷蔵さんの穴子芯を使ったトルティーヤの試食

焼津冷蔵さんには、
トルティーヤをカレー味、バジル味、蒲焼味の
3食セットパックにするなら、
見た目や食感が変わるように野菜もそれぞれ変える、
断面をオシャレに斜めにする、
「穴子なのに洋風」がインパクトなので
洋風のお皿などでオシャレにする、
卓上に既存商品のパンフは置かない、
などをアドバイス。


三洋食品さんは3種類のリエットごとにパンを変えて試食

ツナのリエットを出展する三洋食品さんには、
籠にパンを飾るなど、石窯焼きのパン屋さんのような
オシャレだけど親しみやすいディスプレイにする、
などをアドバイス。


事業者の皆さんも真剣にプレゼン

また、味覚音感を使い
「3種類のパンの違いを出すなら
イングリッシュマフィンよりベーグルの方がいいかも」
など、味、食感、素材の改善点などを
提案させていただきました。

次回は、トークスクリプトの指導などを行います。


2017/11/17
ネオ焼津プロジェクト第6回2017年度
焼津冷蔵さん/業務用ブランドの打ち合わせ

焼津冷蔵さんが、
業務用ブランドについて相談に見えました。

穴子を刻んだ「穴子芯」を、レシピ提案などして
スーパー向けに売り込みたいというご相談。

トルティーヤに加工し
スーパーで中食用パックとして売る展開と、
回転寿司など飲食店向けに
絞り出しの状態で売る展開を検討し、
「ヤキレイの深蒸し洞穴子」ブランドで
展開することなどを打ち合わせ。

ネオ焼津プロジェクトではそのスタート商品として
「穴子トルティーヤ」の開発に
取り組むなどを決めました。


2017/11/2
ネオ焼津プロジェクト第6回2017年度
試食会/4社のブランド提案と開発製品の試食

焼津公民館で、市の職員などを招き試食会を開催。
今年は講座を受講してくれた
焼津水産高校の皆さんも参加し、賑やかです。

最初にプロジェクトに参加の事業者さんから
取り組み内容について説明。


各事業者さんによる取り組み内容の説明

その後、プロデューサーの望月により、
各社の事業ブランドロゴや商品アイデンティティ、
パッケージ提案のプレゼンテーション。


ビジネスプロデューサーの望月がロゴやパッケージデザインを提案

三洋食品さんには、
以前開発した「フルーツナ」と関連性を出し
「リエッツナ」というネーミングで、
缶詰売場で目立つ雑貨感覚のパッケージを提案。


三洋食品さんのブランド「リエッツナ」と商品パッケージ

はの字食品さんには、
革新のブランドとして自社開発している
「ねりもん」ブランドのひとつとして、
伝統的だけど新しく、トロッとおいしい
シズル感を感じさせるロゴマークなどを提案。


はの字食品さんのブランド「hanoji no 煮こごりジュレ」と商品パッケージ

岩清さんには、
サバ好きな人を擬人化した
「サバ好き女のサバリアン」というネーミングで、
鯖一筋に歩んできた企業が次世代を担う
革新のブランドとして提案。


岩清さんのブランド「サバリアン」と商品「サバマリネード」など

焼津冷蔵さんには、
穴子の「穴」をモチーフにインパクトを与え、
「ヤキレイ」を記憶化させる提案。


焼津冷蔵さんのブランド「ヤキレイ 穴子クレープ」と商品パッケージ

その後は、みんなで試食です。
「こうやって食べたい」
「サバのイメージが変わった」など
さまざまな感想が寄せられました。
今後の製品開発の参考にさせていただきます。


試食品の前にブランドロゴやパッケージデザインを並べ、
ターゲットや使い方をイメージしてもらいます


高校生も真剣に試食し、アンケートを記入してくれました


2017/10/24
ネオ焼津プロジェクト第6回2017年度
岩清さん/どんなパッケージにするか?会議

サバのリエット、スティック、しめサバなどの
新製品を開発している岩清さん。

種類が多く、形状も未定だったため
11月の試食会で披露するパッケージ提案に向けて
形、大きさ、パッケージスタイルなどを打ち合わせ。

また、試作品を試食しての
アドバイスなどを行いました。


2017/10/21
ネオ焼津プロジェクト第6回2017年度
三洋食品さん/ファーストインパクトを!

三洋食品さんより、リエットの試作品が届きました。
これを試食しての企画会議。

前回より滑らかになり、パンに塗りやすそうになった。
ただ、三洋食品さんも言っていたように、
全部似た味に感じる。

ファーストインパクトが全部「ツナの味」という印象。
もっとそれぞれツナの味を消すぐらい
振り切った味わいが欲しい。

見た目もそれぞれ違いがあるといい、などの意見や
改善するためのアイデアなどをまとめてご報告しました。


2017/10/5
ネオ焼津プロジェクト第6回2017年度
10月全体会/ブランドはなぜ必要か?会議

8月の企業訪問と9月の全体会で、
おおよその方向性が決まった皆さん。

焼津冷蔵さんは、穴子を使ったトルティーヤ。
三洋食品さんはツナを使ったリエット。
はの字さんは煮こごりジュレ。
岩清さんはサバスティックと〆サバの開発を目指します。


はの字食品さんの煮こごりジュレ。
何に付けて食べるのがお勧めかなどを検討


三洋食品さんのツナのリエット。同じリエットでも
パンが違うと味わいが違うことなどを確認

前回の試食やアドバイスを受けて、
どんな取り組みをしたかの進捗状況に続き、
「なぜビジネスにブランドが必要か?」や、
ブランディングには
①記憶化
②知覚化
③シズル化という3つの作戦がある、
などのお話をさせていただきました。

その後、製品の試食や、次回の試食会へ向けての
試食・展示方法のアドバイスなどを行いました。


2017/9/28
ネオ焼津プロジェクト第6回2017年度
岩清さん/新しいサバ商品の方向性について

岩清さんの個別相談。
サバを使ったリエットや新しい〆サバを開発したいが、
何を目指せばいいか迷っているということで
事業の方向性について打ち合わせをしました。

「モノ」から入るのではなく、まず大事なのは
「どんな事業にするか」ということ。
そこから、どんな人をターゲットに
何を提供するかが決まる。

リエットは何のためのもの?
単品で食べる訳ではなく何かと合わせる。

通常はパンに合わせるが、
パンにお金をかける人はそういない。
高く売れないものは中小企業にとってお勧めしない。

例えば最高級のワインに合わせる提案をする。
買った後、パンにつけるのは購入者の自由。

リエットも〆サバも、新たなサバの
おつまみという方向性にしたらどうか、などを相談し
「飲酒をバックアップする事業」
として取り組むことになりました。