Banshiren

食で人と企業と地域をつなぐ!

2016/1/21
伴支連プロジェクト2016
ゑび寿亭さん/事業ブランドと商品開発

1972年創業の藤枝市で長年愛されてきた割烹店。

藤枝市の6次産業化支援を受け、
3年かけて「白身魚のお抹茶しゅうまい」を開発したが、
今後どう展開したらいいかというご相談。

製品開発はしたものの、ターゲットや
売り場設定が明確でないため、
商品化、事業化が確立していない様子。

従来のショップビジネスから
初めてブランドメーカーへの多角化を図ったけれど
ブランディングや販路拡大が課題でした。


お抹茶しゅうまいは「茶月夜」とネーミングしパッケージも刷新

そこで、中小企業は
高付加価値・高単価で売らなければ利益が出ない。
また、新規獲得のためには客寄せ商品で集客し、
受皿商品につなげて利益を上げる戦略などを指導。


ずわい蟹を使ったしゅうまい「藤娘」

○ブランドメーカーとしてのロゴマークを整える
○「しゅうまい」だと一般名称で記憶されないため、
固有名称の商品名を付ける
○売り場はスーパーではなくデパ地下などを想定する
○品質の良さが伝わるパッケージにする
○ブランドの幅を広げるために
商品ラインナップを揃える

などをアドバイスし、
事業VI(ヴィジュアルアイデンティティ)や
パッケージを開発しました。


しゅうまいをおいしくする「梅ぽん酢」を開発


贈答用パッケージ


藤枝にある割烹をイメージした紙袋


看板を立ててアピール


(MIKI)