Banshiren

食で人と企業と地域をつなぐ!

2016/3/25
伴支連プロジェクト2016
高柳製茶さん/革新の企業・事業・商品VI開発

創業110年の製茶問屋。

20年前、他のお茶屋さんに先駆けてお茶クッキーを作り、
その後もダックワーズなどのオリジナルスイーツを開発。

卸しの比率が多いので製茶事業が中心だったが、
東京や横浜の消費地でお茶の売上が落ちてきており、
卸しだけでの成長は見込めないため
リスク分散のためにスイーツ事業を伸ばしていきたい。

そのためにパッケージを刷新したい、
小売店の売上をもっと伸ばしたい、
通販事業も強化したい、
という今後の展開についてのご相談。


ダックワーズのブランド戦略などについて打ち合わせ

〇ビジネスを運営するには
「客寄せ商品」と「受皿商品」が必要。
・客寄せ商品…利益は上がりにくいが、
話題性で集客できる商品。広告と考える。
・受皿商品…日常的なものだが、
誰もが買いやすく利益が上がる商品。
・「牧之原」はお茶処だと知らない人には
客寄せにならない。→パッケージに高柳製茶の
固有ブランド名を入れて記憶させ、
社会的価値に育てる。

〇事業を仕分けし、相乗効果を目指す。
高柳製茶さんが展開している事業は以下4つ。
❶お茶のブランドメーカー事業
❷お茶のOEMメーカー事業
❸お菓子のブランドメーカー事業
❹お茶とお菓子のショップ事業。
・お菓子のブランドメーカーとして認知度を上げ、
その社会的信頼で他事業の売上UPにつなげる。

などをアドバイスさせていただきながら
5回ほど会議を重ね、革新のブランドとしての
企業VI(アインデンティティ)、
お菓子事業VI「茶菓の森」、
ダックワーズの商品VI「cha・tsubu」と
ブランドとパッケージを開発しました。


革新の企業VI


ダックワーズ商品「Cha・tsubu」


(MIKI)