Banshiren

食で人と企業と地域をつなぐ!

2017/1/16
藤枝エコノミックガーデニングプロジェクト
商品化支援/3社のブランドロゴとパッケージを提案

ビジネスプロデューサーの望月が、
各企業の事業ブランドロゴと
商品ブランドのアイデンティティ、パッケージ案を創り、
ずらりとテーブルに並べてプレゼンテーションしました。


長机に並べられたブランドロゴや商品パッケージ案

ブランドの役割と、そこに込められた戦略の意味、
製品との関連などを説明し、
ブランドロゴやネーミング、パッケージなどは
戦略を踏まえた上で表現するものであることを情報共有。

人と農さんのブランド名は「Organic RiQ」。
匠の緑茶「杵塚園無然」のロゴマークは、
家紋のような円形の中に「杵」を3つ配置。
これは3人の子供たちが力を合わせる意味と、
「父」にも見立ててお父さんが見守っている
という意味が込められています。


人と農さんのブランド「Organic RiQ」と
匠の緑茶「杵塚園無然」のロゴマーク

松田商店さんのブランド名は「美味茶生活」。
匠の緑茶「真茶園百彦」のロゴマークは、
利き茶日本1位と2位がいるお茶屋であることを
富士山でシンボライズし、松田社長の名前を入れて表現。


松田商店さんのブランド「美味茶生活」と
匠の緑茶「真茶園百彦」のロゴマーク

真味屋さんのジビエブランド
「MOMIJI-BOTAN」のロゴマークは、
鹿肉を表す紅葉と猪肉を表す牡丹を配したモダンなデザイン。


真味屋さんのブランド「MOMIJI-BOTAN」のロゴマーク

皆さん、自分のブランドの形ができたことで嬉しそうです。
これまでもやもやしていたことがイメージしやすくなり、
目指す方向性がより明確になったようです。


(MIKI)