Banshiren

食で人と企業と地域をつなぐ!

2017/2/8
三島ネオプロジェクト
理想のようかんを作るための製品企画

明治食品工業さんが送ってきてくれた22種類のようかん。
これを使ってV.W.STORK社内で3種類ずつ味を組み合わせ、
メロンソーダフロート、抹茶フラペチーノなど
12種類の理想の色とフレーバーを作ってみました。


明治食品さんが送ってくれた試作22種類


3種類ずつ組み合わせてフレーバー案を考えました

これを男性1人、女性5人(20~50代)で試食。
3つの味を一口で食べるのではなく、
Stick YOKANを食べる時を想定して、
1味ずつ順に食べてみました。

試食の感想としては全体的に甘さが均一のため、
味の変化があまり感じられない。
コーヒー、緑茶に合わせると甘さを感じなくなる、など。

そして味決めの基準として、ランダムな組み合わせより、
「カフェラテ」「柚子抹茶」「チョコミント」など
世の中にあるレシピを目指した方が味を感じやすい。

塩を付けて食べてみたところ、
チーズやスイートポテトなどが合っていたため、
塩味強めでメリハリを出すと良い、などの感想を添えて、
こちらで検討した10個のフレーバー案を作って提案しました。


提案した10種のフレーバー企画案


(MIKI)