伴支連プロジェクト
2018/1/20
伴支連プロジェクト2018
山上水産さん/パッケージではなくブランドデザイン

焼津で佃煮製造業を営む山上水産さんが、
パッケージのご相談に見えました。

かつおしぐれ煮の箱を作り変えるに当たり
DM便で発送できるサイズにしたい。
その際、他の商品でも使えるようにしたいが、
デザインや印刷などをどうすれば良いかというご相談。

パッケージの1個単価を安くしようとすると
印刷のロット数が増えてしまう。すると在庫を抱え、
なかなか使い切れないのが困るとのお話。

たくさん売れるものなら
大量印刷して1個単価を安くすればいいが
そうでないのなら、1個単価が高くなってもいいので
小ロット印刷をして回転を早くし
その都度パッケージを見直し改善した方が良いこと。

なるべく予算をかけないなら、
箱を印刷するのではなく型抜きだけしてもらい、
商品名などはシール対応にすれば
他の商品でも使い回しできること。

まず、発送用にどんな商品ラインナップがあり、
贈答用、ご自宅用、少量と大量の場合など、
どんな種類のパッケージが必要かを整理した上で、
パッケージキットを作った方が良いこと
などをアドバイス。

でも、一番問題なのは、山上水産さんの
伝統のブランドが整っていないことでした。
箱にどんなロゴマーク、柄、フレーズを入れるか、
それは箱のデザインではなく、ブランドデザインです。

マークやエレメント(シンボルとなる柄)は
パッケージのついでに作るものではなく
会社の方針や戦略を検討した上で作るべきもの
などというお話をして、
今後について打ち合わせさせていただきました。


2018/1/12
伴支連プロジェクト2018
豚肉ブランド会議/情報の拡散と集中

富士農場サービス 桑原さんの豚肉を
ブランディングするためには何が必要か、
プラットホームサービスの役割と
必要性などを知っていただく会議。

豚肉といった一見普通に見えるものは、
お肉だけ見せても良さは伝わらない。また、
販売サイトでどんなにこれは良い商品だと訴えても、
売りたいがためにそう言っていると思われてしまう。

桑原さんのように、
ちゃんとした考えと優れた技術があり、
良いものを作っている人ほど売るのが難しく、
情報発信をするコンテンツマーケティングサイトが必要。

また、中小企業の基本戦略は、
高付加価値、高単価、小ロット生産だが、
半径10km以内にそんな特殊な商品を
欲しがる人が何人いるか?を考えると、
リアル店舗で売ろうとすると厳しい。

だからネットショップで販売する必要があるが、
自分一人でサイトを作っても
存在を知ってもらうのが大変。
かといって大手モールに入ると
膨大なショップの中に埋もれてしまう。

だからプラットホームサービスによる、さまざまな
関連窓口から導いてもらえるしくみが有効、
などというお話をさせていただきました。

品質PRや自社商品のレシピ提案だけの時代は終わり、
今後は、どんな豊かな生活ができるかを複合的に
提案するライフスタイル提案が求められます。

プラットホームサービスによる
情報の拡散と集中で、
どんな新しいポークライフを
提案できるかに取り組んでいきます。


2017/12/20
伴支連プロジェクト2017
豚肉ブランド会議/情報発信で潜在顧客を発掘

富士農場サービスの桑原さんと、
とれとれ富士山の小櫛さんと豚肉ブランド会議。


サイトを見ながらビジネスのしくみを説明

今月オープンした
食の地域活発化支援サイト「伴支連」と、
味わいを深める情報発信サイト「FOTOCO」を見ながら、
消費者×企業×支援団体をつなぐ
「食のプラットホームビジネス」について
説明させていただきました。

大抵の食品は、食べてから買うのではなく、
買ってから食べます。

桑原さんの豚肉のように良いものでも、
特徴が明確でないと
買ってもらうのは難しいものがあります。

製品の良さをアピールしているサイトは
たくさんありますが、他との違い、
オススメの食べ方などまで
詳しく紹介しているところはそうありません。

そこで、売るためではなく、
味わいを深めるための情報をFOTOCOが発信。

桑原さんのLYB豚やセレ豚の特徴、
どんな食べ方をすれば味わいを深められるかなどの
ライフスタイル提案のある情報を届け、
興味を持ってくれた人が購入できる、
潜在顧客を引き出す「コンテンツマーケティングサイト」
の役割などをお話しました。

「かねてから良い食材を伝える有効な方法はないかと
考えていた」という小櫛さんは、
ご自分も情報発信していきたいと積極的。

桑原さんも、ご自分のブランドを育てていくしくみを
イメージされ「私が関わっている
他の養豚業者さんも支援できますね」と
ビジネスの広がりを期待していました。

ちなみに、桑原さんの豚肉は
富士幻豚」と、「LYB豚」で販売されています。


FOTOCOの展開が楽しみという小櫛さん(左)と
メモを取り熱心に聞き入る桑原さん


2017/11/28
伴支連プロジェクト2017
おやつねりもんのパッケージ会議

はの字食品さんが、おやつねりもんの
パッケージについて相談に見えました。


製品を前にパッケージについて打ち合わせ

練り物を、おつまみとしてKIOSKなどで販売しているが、
昔ながらのデザインのパッケージを刷新したいとのこと。

うなぎ、柚子、いわしの
3種類の味や形、大きさを確認したり、
見本の袋を参考にサイズ、入数、売値、
印刷の仕方などを検討しました。

次第に「はの字のねりもん」ブランドが
充実していきます。


パッケージを刷新し、おやつねりもんとして生まれ変わります


2017/11/10
伴支連プロジェクト2017
富士農場サービスさん/豚肉ブランド会議

富士山の麓で養豚を行い、数々の品種改良で
品質の良い豚肉を開発している富士農場サービスさん。

代表の桑原さんは、半世紀にわたり育種開発に取り組み、
イタリアのイベリコ豚や鹿児島の黒豚など
名だたるブランド豚の元になる種を提供。
海外でも「豚博士」として名を知られている方です。


LYB豚やセレ豚などを開発してきた桑原さん(左手前)

また、ご自身でも
LYB豚(ルイビブタ)やセレ豚(セレブー)を始め、
さまざまなオリジナル豚肉を手掛けてきました。

今回は、この桑原さんの豚肉を
ブランド化したいというご相談。

どこにブランド力をつけるか?
桑原さんの技術か、富士農場サービス自体か、
などを話し合いました。

今後、戦略を立て、精肉ブランドとして
ブランディングに取り組んでいきます。


豚の精肉ブランド開発に取り組みます


2017/2/21
伴支連プロジェクト2017
岡村海苔店さん/やみつき海苔開発

平成27年度三島NEOプロジェクトに
参加された岡村海苔店さん。

お茶と海苔の専門店ですが、売上が減少しているため
岡村海苔店をブランド化できるような
新しい事業を展開したいと支援に参加されました。


海苔の新提案に取り組む岡村海苔店さん

岡村さんは以前、
海苔を食べてダイエットプログラムに挑戦し、
3カ月で9 kgの減量に成功。
エステサロンの全国大会で優勝したという実績の持ち主。

そこで支援では、海苔を使ったダイエット
「オカクミ式のりのりツヤツヤダイエット事業
ビューティブラック」について
取り組んでいただきました。

この時は、ダイエットプログラムと
ノリノリダンスのDVD、
おやつ海苔の商品化を目指しましたが、
支援期間内に実現するのは難しく、
おやつ海苔「ビューティブラック」の
製品開発とパッケージ開発で終了しました。


「ビューティブラック」パッケージ

そして今回は、「ビューティブラック」を
もっと気軽に購入してもらうための
簡易パッケージを作りたいというご相談。

おいしくて病みつきになるという意味で
商品名を「やみつき海苔」とし、
「やみつき海苔」はお土産物用、
「ビューティブラック」は
ダイエットプログラムとセットの革新の商品。
もしくは新しいお土産物という方向性を話し合い、
お土産用パッケージを提案させていただきました。


「やみつき海苔」お土産用パッケージ。同じ中味でも、ターゲットや
売場、提案性が違えば、パッケージも変わります


「やみつき海苔」ガーリック味、ごま油味、梅味

 


2017/2/3
伴支連プロジェクト2017
ねりもんブランドのラインナップを検討

10種類のねりもんを試食し、
生地や具材の食感、香りなどについて意見交換。

どれも完成度が高いのですが、
もっと良くしようと知恵を出し合います。

また、量産化にあたっての製造方法やパッケージ、
販売価格などについても検討。

さらに、べじねりを中心に、おやつ用、
チーズ入りフライなど、ねりもんブランド商品として
今後どんなラインナップができるか
について話し合いました。


ブランドマークの色は素材の色からできています